育児ストレスでもう限界!私はダメなお母さん?

育児にストレスが溜まりもう限界と感じているお母さん。どうしていいかわからずに一人で悩んでいませんか?私も我が子が2歳の時に本当に辛い子育てをしていました。もう二度とあんな辛い育児はしたくありません。私の経験が、今育児ストレスで限界を感じているお母さんに少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ダメな母親で育児に限界を感じた経験

今、育児でストレスを感じ限界だと思っているお母さん、何が一番辛いですか?育児のどんなことに悩んでいますか?

私は上の子が2歳、下の子が0歳の時に、もう思い出したくもないほど、辛くてひどい育児をしていました。具体的にはまだ小さい2歳の上の子に怒鳴ってしまったり、ひどい時には手をあげてしまうこともありました。

当時の我が家は私は専業主婦、夫は仕事が忙しく、毎日朝は7時に家を出て、夜は22時過ぎの帰宅が普通でした。当然2人の子どもの育児や家事はすべて私が担当していました。まさにワンオペ育児でした。上の子が2歳の時に引っ越してきたので近所に知り合いは一人もおらず、お互いの両親も遠方だったのでなかなか手伝いに来てもらうことが難しい状況でした。

引っ越す前はお友達もたくさんいて、本当に楽しくて幸せな生活が出来ていました。もともと私は子どもが大好きでしたし、子どもが可愛く、頑張りながらも、自分でも満足のいく育児が出来ていました。しかし、知り合いのいない場所に引っ越して狭いアパートでの生活、そして2人目を妊娠してからは一転、ストレスを感じる辛い生活になりました。

まず一番辛かったのは、あんなにかわいかった上の子をかわいいと思えなくなったことでした。下の子が産まれてから、上の子の赤ちゃん返りがひどく、私には全く余裕がなくなってしまいました。本で読んだとおりにすべての事を上の子中心で考えていたのに、それでも赤ちゃん返りは弱まりませんでした。

子どもはかわいいと思えばこそ自然に抱っこをしたり、笑顔を向けてあげられるのですが、私は上の子の顔も見たくないと思うほどでした。赤ちゃん返りのひどい上の子に頑張って笑顔を向け、抱っこし、ギャーギャー泣き続けている下の子を抱っこできない状況が本当に耐えられず、育児ストレスで限界を感じていました。夕方、狭いアパートの部屋に子どもと3人だけで、自然に涙が出ることもありました。

さらに私が一番辛かった事は、上の子に手をあげてしまった事です。もともと私は子どもに暴力を振るうなんて本当にありえない事だと思っていました。私は大学で社会福祉を勉強していて、虐待の事もかなり勉強してきました。暴力は決して人を良い方向には導かないと思っていましたし、今でもその考えは変わりません。

そんな私が、あろうことか大切な我が子を叩いてしまったのです。最初は上の子が下の子を叩いたり、踏ん付けたりしたことに、私はどうしても許せず、怒りが収まらず、上の子のおしりを叩いてしまいました。すぐに叩いたことに反省し、謝ったのですが、しかし私は次第に日常的に、怒鳴ったり叩いたりするようになってしまいました。

「ちゃんと座ってご飯をたべなさい」と怒鳴ったり、おもちゃをぶんぶん振り回す上の子に「危ないからダメって言ってるでしょ!」と叩いてしまったり、冷静になってよく考えると、そんなに危険ではない事にも激しい怒りを感じていました。

当時の私は、何回行っても言う事を聞かない、強く怒鳴ってもまた同じことをする上の子に本当に腹が立ちました。完全に叱っているのではなく、ストレスとイライラのはけ口として手をあげてしまっていたと思います。自分でもこれではいけないと叩いてしまうたびに「ごめんね」と謝り、もう二度と叩かない、と反省するのですがなかなか止めることが出来ませんでした。

本当に悩み、育児に疲れ、ストレス発散もできず、育児に限界を感じていました。何か解決策はないかと夢中で模索し、夜中に時間があるときに沢山の本を読み、自分の怒りのコントロールの方法を試したり、一時保育のサービスを利用したり、支援センターに通ったりしましたが、結局これと言って素晴らしい解決策は見つかりませんでした。

一時保育を使っている間、支援センターに行っている間は穏やかに過ごせるのですが、家に帰って来てまたいつもの状況に戻ると、一瞬で私の気持ちはいつも通り、育児ストレスマックスの状態で限界だと思う気持ちが前面に出てしまっていました。

結局私の場合は辛い状況の時には、もがきながら一日一日、一時間一時間を何とかごまかしながら、なるべく穏やかに、怒らず過ごしていた状況でしたが、大きく変化があったのは、上の子が幼稚園に通い出してからです。

ようやく上の子と距離を保つことができるようになってからは、上の子をまたかわいいと思えるようになりました。また、それまではすべて一人で行ってきた育児を幼稚園に任せることができ、私の負担が少しだけ軽くなりました。そうなると心にも余裕ができるようになり、徐々にまた育児が楽しいと思えるようになってきました。

私は結局育児ストレスで限界を感じていましたが、その辛い状況にこれと言って特効薬を見つけることが出来ませんでした。でも、育児ストレスで悩んだ時間は決して無駄ではなく、その経験から学んだことも沢山あります。

育児ストレスで限界を感じていた当時の私に言いたいこと

育児ストレスで限界だった私に今だから言える、当時の私に言いたいことがたくさんあります。今育児ストレスで限界を感じているお母さんにも役に立ててもらえたら嬉しいです。

育児は70点で合格!

まずは、育児にストレスを感じるのは当たり前だという事です。当時の私は本当によく頑張っていました。一人で幼い子どもの育児を完璧にこなそうと頑張りすぎていました。人間はストレスを感じ限界を超え頑張りすぎると、体調を崩し、心も病んできてしまいます。今思うと当時の私はまさに限界で、自然に涙が出てくる状況まで追い込まれていたのです。

しかし、誰も相談する人がおらず、自分がおかしくなってきている事に気が付きませんでした。今思えば、もっと自分を褒めてあげればよかったと思います。完璧主義の私は、家事、育児においてなんでも完璧にこなしたいと思っていました。でも、育児や家事は人に評価してもらう事が難しく、やってもやっても納得のいく結果は出ません。切りがないし、特に育児の成果はすぐに結果の出ることでもなく、ほとんど目に見えません。

当時の私に「育児は70点で合格だよ!」と声を掛けてあげたいです。たとえ子どもに怒鳴ってしまっても、それもありだと自分を許してあげることでそれ以上のストレスを感じることもなかったように思います。当時は怒鳴ってしまった私が許せなく、そんなダメな母親の私にストレスを感じ、さらにやってはいけない手をあげる行為に発展してしまったんだと思います。

決して叩くことはいけないけれども、自分を許してあげ、育児の合格点のハードルを下げることで限界まで頑張らず、もっと自分を評価できたのではないかと思います。

また、育児だけでなく、家事においても、もっともっと手抜きをすればよかったです。特に食事は本当に手を抜かず、時間もかけて頑張っていました。もっと時間がかからない料理や手間をかけないメニューでもよかったはずです。そういう点ではもう少し工夫できたと反省もあります。

子どもは長い目で見て、今できなくてもそのうちできると言う視点も大事かと思います。育児ストレスで限界だった私は、視野が狭く、今できないといけないんだと必死になっていた面がありました。子どもは成長します。今できないことがあっても、たとえ下の赤ちゃんに優しくできなくても、成長とともに必ず変わっていきます。

私は上の子が下の子を泣かせることが本当に耐えられなかったのですが、今思えばそれも兄弟間では時には必要なことですし、少しずつやさしさを覚えていくのだと思えます。

協力を頼もう

私は知り合いが全くいない場所で、さらにワンオペ育児だったので、全部一人で抱え込んでいました。夫も休みの日には協力してくれましたが、それでは育児ストレス解消には全然つながりませんでした。限界を感じる前にもっと日常的に夫に協力してもらえるように話すべきだったと思います。

また多少お金はかかりますが、色々なサービスも、自分と子どもの為にもう少し利用を考えても良かったのではと思います。育児ストレスが限界を超えて体を壊すよりはお金で解決できることは解決した方がずっといいです。

もっとサービスを利用したり、人を頼って育児を一人で背負い込まないようにと言いたいです。

優しい子に育ってるよ

最後に、怒ってばかりの当時の私がとっても気にしていた子どもへの悪影響ですが、現在5歳になる上の子は本当に優しくて活発で良い子に育っています。(親ばかですみません(^^;)

あんなに怒鳴ったり、叩いたりしてしまいましたが、子どもはすくすく成長してくれています。集中力も付き、出来ないことも自分からコツコツ頑張る姿が見られるようになりました。また、今でも寝る前には「お母さん大~好き」と抱き着いてきてくれます。あんなに意地悪をしていた下の子とも仲良く一緒に遊んでくれています。

そして、母親である私だけでなく、父親、幼稚園の先生、お友達などたくさんの人の中で成長しています。育児は母親の影響が大きいのだと思っていたのですが、そうではなく、たくさんの人に育ててもらうのだと実感しています。

たとえ、一時的に間違った育児をしてしまっても、反省し、努力し、良い方に修正していけば、子どもはすくすく成長してくれます!「安心して大丈夫」と当時の私に教えてあげたいです。

まとめ

私ように育児にストレスを感じ、限界だと悩んでいるお母さんがいたら、本当に毎日お疲れ様ですと言いたいです。そんな状態で一人で育児をするのって本当に辛いですよね。特に怒鳴ってしまう、叩いてしまうなんて言う育児相談は気軽に友達にもできなかったりします。私のようにダメな母親だと自分を責める前に、自分の育児で褒めてあげられるところを見つけてください。自分を責めず、これ以上ストレスをためないようにしてください。大丈夫です、子どもはすくすく育ってくれますよ!

楽しくて幸せな育児に近づきますように☆

こちらの記事もご覧ください⇒これしかない!育児疲れの効果的な解消法とは!?