育児ストレスの解消法

育児をしていると好きなことが出来ずにストレスが溜まることってありますよね。子どもはかわいいけれど、ずっと子どもと一緒だとどんなお母さんでもやっぱり疲れます。育児にストレスを感じた時の私や先輩ママのストレス解消法をご紹介します。ストレスを子どもにぶつける前に試してみてください。

育児ストレスの原因

育児にストレスを感じているお母さん、毎日お疲れ様です。毎日にこにこ笑って育児がしたい、子どものやることをおおらかに見守りたい、そう思っているのに気が付くとイライラしているお母さん。大丈夫です、母親失格だと自分を責めることはありませんよ。実際、育児ストレスを全く感じたことのないお母さんはほとんどいません。

育児は思うようにいかないことも多く、ストレスを感じるのは当たり前なのかもしれません。

育児にストレスを感じているお母さんの多くが、一人で育児を抱え込んでしまっている状態にあります。協力してくれる人がいなかったり、気軽に何でも話せる人がいないと、よりストレスが溜まりやすいです。

毎日イライラしてしまう、育児にストレスを感じてしまう場合は、特に子どもにもストレスをぶつけてしまうお母さんが多いです。子どものやったことに対して大声で怒鳴ってしまったり、強く叱りすぎてしまったりしたことはありませんか?冷静になって後から考えるとそこまで叱らなくても良かったであろうことでもありますよね。

育児ストレスは子どもにもいい影響を与えません。できるだけ頑張りすぎないで、手抜きをしながらストレスが溜まらないように育児したいですよね。

育児ストレス解消法

育児のストレスを解消したくても、現実的になかなか難しかったり、分かっていてもストレスが溜まる一方だったりしますよね。私も育児にストレスが溜まっていた時は子どもに手をあげてしまうこともあり、本当にどうやってこの辛い状況から抜け出せばよいのか分からなかった時期がありました。

自分の時間がなく、子どもとベッタリの育児が息苦しく辛く、思うように育児できなくて悩んでいても、ある人は「今が一番かわいい時期だから育児を楽しんで♪」と言い、ある人は「一瞬で大きくなるんだよ」と言い、またある人は「お母さんって来てくれるのなんて今だけだよ、大きくなったら全く来てくれなくなるよ」と言いました。

過ぎてしまった先輩ママのいう事でしたし、実際そうなんでしょうけれど、その時の私にはどの言葉も私の悩みを解決してくれるものではありませんでした。そんな先の話ではなく、今どうにか子のストレスから抜け出したい!今どうしたらよいのだろう・・・そんな気持ちでした。

育児でたった今辛いお母さん、溜まってしまったストレスを時間のない育児中のお母さんでも簡単にストレスを解消できる方法をご紹介します。ストレスを解消したくてもどうしていいか分からないお母さんは参考にしてみてください。

子どもと一緒に散歩する

子どもとずっと家の中にいると煮詰まってきませんか?子どもってなんでもお母さんと一緒にやりたがりますよね。私も時々なら気持ちよく付き合ってあげられるのです。でも、毎日朝から晩までなんてとてもじゃないけれど一緒に楽しむことが出来ませんでした。子どもからの「お母さんも一緒にやろ~」と言う誘いの声が本当に嫌で仕方なかった時期がありました。

そんな時は思い切って気分を変えるためにも外にお散歩がお勧めです。外に行けば、道端に生えている雑草や、石、砂などでも勝手に遊んでくれたり、お散歩で見つけた葉っぱや木の実など、子どもの気を引くものがたくさんあるので、子どもから少し解放されます!

もちろん掃除や食事の支度などが気になって出かけるのが億劫な場合は、無理する必要はありませんし、子どもが満足すれば、短時間だけでも気分転換になります。もう子どもと向かい合っているとイライラしてしまうと言う時には逃げ場として、外にお散歩してみてください。

ひとつ注意点としては、子どもから解放されたくて外に行くので、子どもにはできるだけ注意しなくても良いように準備していきましょう。「お洋服が汚れるから」とか、「びしょびしょになったらだめ」と注意しなくてはいけないような、きれいなお洋服は着せないようにしましょう。

癒される時間

育児中は誰かに癒してもらう事って少なくないですか?常に子どもに気を配っていなくてはいけないし、子どもと一緒だと時間が慌ただしく過ぎていきますよね。

私は育児にストレスが溜まっていた時に金魚とメダカを飼い始めました。飼ってみると想像以上にかわいくて、とっても癒されました。

しかも簡単に飼育出来て、しかも子どもも喜ぶと言ういいこと尽くめでした。簡単に癒しが欲しい方は、魚の飼育お勧めです。ぼ~っと眺めているだけで本当に落ち着きます。犬とか猫だとお世話が大変ですが、特にメダカは手間がかからず、お庭だったら水替えなどしなくても、ほかっておいても元気に生きています。また、寿命も短いので、適当なところでいなくなってしまいますよ。

他にはお家のリビングなどにお花を飾ってみるのもお勧めです。きれいなお花を眺めているだけで癒されます。高いお花は無理でもスーパーで売っているようなお花で充分です。また、子どもと一緒に摘んだ雑草のお花でも家に飾るととてもきれいです。ぜひ時々飾ってみてください。研究でも、緑は癒し効果が証明されています。

友達(自分の)とランチする

女性は話すことでストレスを解消する生き物なのだそうです。実際お友達と話すとストレス解消になりますよね!ストレスが溜まったら時々お友達とランチにでも行ってたくさん話をしましょう。

注意したいのが、ここでのお友達は、本当に気が許せる仲の良いお友達という事です。気を使いあうようなママ友とのランチは逆にストレスになりかねないので、行きたくないなと思うようなランチ会などには無理に参加するのはやめましょう。

一人でゆっくり温かい飲み物を飲む

育児中は本当に自分の時間が持てませんよね。特に月齢が小さいと夜間も定期的に授乳をしたり、夜泣きの為にあやしたり、休む時間がありません。もし、ゆっくしできる時間がなかったら、ぜひ子どもが寝ている間のほんの15分だけでも自分の好きな飲み物を飲んでゆっくりホッとできる時間を持ちましょう。

短時間でも温かい飲み物を飲みながら幸せを感じることができる人はストレスが溜まりにくいです。子どもが寝てからバタバタと家事をこなすことも時には必要ですが、毎日続くとストレスが溜まります。1日に一回は自分の為にちょっと休憩時間を設け、ストレス解消のためにゆっくりしてみて下さい。

何か夢中になれるものを勉強する

育児中はどちらかと言うと育児に集中しているお母さんが多いと思います。自分の為に使える時間を持てていますか?私がストレスから解放されたのは自分の時間を持てるようになってからです。

上記のような解消法で日々ごまかしながら育児をしていたのですが、本当に育児が楽しくなったのは自分の時間がしっかりと持てるようになってからでした。

夫が休みの日に、家事や育児を任せて自由時間を持つことで自分の事について考えることができる余裕が出来ました。それまでは育児一筋で生活していたのですが、子どもから少し離れることで、自分の母親以外の可能性を見つめなおすことができ、そこから何か勉強したいと思うようになりました。

なんでもいいと思うのですが、自分が育児以外に夢中になれることがあると、本当にストレスを感じなくなりました。夢中になれることがあると、自分の人間性が広がったように感じました。

私の場合は、夢中になって勉強したいことが見つかったことと、仕事を始めたことが大きかったです。子どもを預けて仕事をすることで、本当に世界が変わりました。専業で子育てをしていた時は、どうしても子どもの一挙一動が気になってしまっていたのですが、今ではあまり気になることもなくなりました。気にしている余裕がなくなったように思えるかもしれないのですが、そんなことはなくて、子どもから離れて自分の時間があることで、視野が広くなったような気がしています。

決して専業主婦の視野が狭いと言っているのではなくて、子育てだけでなく自分の可能性を見つけることで、自分の気持ちに余裕が出てきたように思うのです。

もし、本当に育児に行き詰まっているお母さんがいたら、私はぜひ自分の時間を持つことをお勧めします。場合によってはそれが仕事でも良いのではと感じています。

たくさん寝る

最後に可能であれば、育児にストレスを感じているお母さんは睡眠時間をしっかりと確保しましょう。ある研究では、睡眠時間と育児ストレスの関係性を指摘しています。寝る時間が短いと、それだけストレスを感じやすくなるそうです。

育児中はなかなかゆっくりまとまって夜寝られないかもしれないのですが、工夫してできるだけたくさん寝るように心がけましょう。私は子どもと一緒に20時に寝てしまうこともしばしばありますが、早く寝てしまった次の日は決まって調子がいいです。

調子がいいだけで、色々なことにやる気が出るし、子どものちょっとした失敗にもおおらかに対応できるようになります。睡眠は大事です。育児中は子どもが寝てからやりたいことがたくさんあって、毎日は難しいかもしれませんが、夜に無駄にぼ~テレビを見ているだけの日は、思い切って早く寝てしまいましょう!

まとめ

育児にストレスを感じていると、自分を責めてしまったり、子どもに当たってしまって落ち込んだりいいことがありません。悪循環にならないように、できるだけ育児のストレスは日々解消できるように行動を見直してみましょう。育児中のお母さんが少しでも楽しく育児出来ますように☆

こちらの記事もご覧ください⇒子育てが辛い。誰に相談すればいいの?