父親が子育てと仕事の両立のために工夫することとは!?

最近では共働き世帯が増え、父親も家庭の事をしなくてはいけない風潮がありますよね。妻からもせかされ、父親も子育てと仕事の両立で悩むことがあると聞きます。会社での長時間労働の中で、父親だって毎日大変ですよね。子育てと家事の両立をどのように考え、どのように工夫していけばよいかを考えます。

父親の本音とは

子育てと仕事の両立で悩んでいる父親の本音はどんなものか調べてみました。実はほとんどの父親は子育てと仕事の両立が大変だと感じています。多くの父親は本音では家事はできればやりたくないと思っているようです。やりたくないけれど、現実にはそんな甘くない、そんな状況のようです。

出来れば妻に子育ても家事も全部やってもらいたいが、そうならない理由はどこにあるのでしょうか?妻が大変そうで、家庭の中では手伝わなくてはいけない雰囲気なのでしょうか?

データで見てみると、収入の面で夫の方が妻より少ないと子育てと家事の参加率が高くなっています。妻も収入が多いほど夫に対する態度が手伝って当然という雰囲気になりがちなのかもしれませんが、夫も気持ちの面で収入が少ないことを心のどこかで気にして、子育てと家事をしていることの方が多いようです。夫婦の収入の差は子育てと家事の参加率に関係しているようです。

母親と父親の子育てと仕事の両立で一番変わってくるところが優先順位です。日本はまだまだ男性社会の為、父親は仕事、母親が家庭と言う性別役割分業の考え方が一般的になっています。その為に子育てと仕事の両立と言っても、父親は仕事優先、母親は子育てと家事優先になりがちです。

多くの母親は仕事と子育ての両立で、子どもが風邪を引いた時などにどうするかが切実な悩みですが、父親は母親とは違い、仕事の悩みが一番の悩みのようです。男性社会の中では会社でも長時間労働が求められ、実際に家に帰るのが遅く、子育てや家事に使う時間が取れない父親もいます。やりたい気持ちとできない現実が男性を苦しめているのも事実です。

では、うまく子育ても家事も仕事も両立している父親は何を工夫しているのでしょうか?少ない時間の中で上手く子育てと家事に参加し、ポイントをあげられれば妻にも認められ、子どもはお父さんが大好きになり、家庭内の評価は上がります。要領よく子育てと仕事をするには具体的にどうしたらよいでしょうか?

子育てと仕事の両立のポイント

一般的に父親の方が社会からは働き手として労働を求められているため、子育てと家事は二の次になりがちです。しかし母親はすでに悲鳴を上げるほど子育てと仕事の両立が大変な状況にあります。父親の子育てと家事の参加が家族が上手くまわるキーポイントになってきています。

父親として、子育てと仕事を上手く両立させるためには、どのような工夫や考え方が必要なのか見ていきます。

家事は妻の愛情表現ではないと知る

まずは考え方を変えましょう。父親として仕事を頑張っていて、妻には家庭の事を任せたいと思っている男性が多いのですが、その根拠に、性別役割分業の考え方があります。そして、家事を妻にやってもらうことを愛情表現の一つだと思っている男性が多いのです。家事は妻からの愛情表現の一つと考えるのをやめ、協力して行うものだと考えましょう。家事は愛情表現ではなく、現実的に生活していくための労働です。

愛情表現だと考えると、男性側も辛くなります。忙しくて家事ができない妻は夫への愛情がないわけではありません。ただ家事に手が回らないだけなのです。

子育てや家事価値が社会的に低く考えられており、その担い手も価値が低く見られがちです。そのためにそういう仕事はしたくないと思っている男性が多いのも事実です。しかし、それでは家族が潰れてしまいます。自分の生活の為に子育てや家事をやると言う根本的な意識改革も必要です。

家庭内の仕事を洗い出す

ほとんどの父親は子育てと家事を手伝いたいという姿勢は持っていますが、手伝うという姿勢だと、妻は不満です。自分は大丈夫、上手く両立していると思っている夫でも、妻からの評価は半分以下の場合も多々あります。

そんな悲しい父親にならないためにも、まずは家庭の中での仕事の量を正確に把握しましょう。子育てと家事は見えない仕事もたくさんあり、実はそのほとんどを妻が担ってくれているかもしれません。どんな仕事があるのか洗いだし、そのうえで父親として家庭の仕事がどの程度担えるのか、考えてみましょう。

今までしなかった家事が見えてきたら、妻が何も言わなくてもやって見てください。やり方などは聞いた方が良いかもしれませんが、夫が家事をしてくれるようになれば、妻からの評価は確実に上がります。

大黒柱と気負わない

今の父親は大変です。会社では変わらず長時間労働を求められ、家に帰ると子育てと家事をすることを求められています。まだまだ男性社会の為、子育てや家事が理由で仕事を休んだり、早退したりしにくい雰囲気の会社がたくさんあります。男性の育児休業取得率が低いの意識の問題が多く関わっています。

両立したい気持ちはあってもできない父親が多いのも事実で、どこかで誰かが変わっていかないとなかなか変化はありません。父親だけが一家の大黒柱だと気負わず、子育ても家事も、そして収入も家族で協力していけるのが素敵な家族になる考え方かもしれません。

頑張りすぎない

母親同様に父親も頑張りすぎないことがとても大事です。男だからこれくらい上手く両立できると意味の分からない理由で頑張り続けるのはやめましょう!

しごと

仕事も子育ても家事も頑張りすぎて疲れてしまっては元も子もありません。父親だって時には休息が必要です。特に仕事は頑張るのが良いことだと、家族の為に頑張っている父親の姿が見られますが、体調が崩れるほど頑張るのはやめましょう。あまりに疲れているときは、我慢せずに誰かに相談しましょう。

父親の方が母親よりも仕事の事を誰かに相談することが少ないそうです。ストレスを溜めないためにも、身近な人で相談しやすい人がいれば相談役を確保してください。

子育て

子育ては頑張るものではありません。仕事をしている父親はどうしても子どもと関わる時間が少なくなりがちです。しかし、関わる時間ではなくてどんな関りをしたかが子どもにとっては重要です。

休みの日に無理に子どもと公園に行って遊んであげる必要はなく、父親自身が夢中になれる趣味を子どもと一緒にやるなど、時間を共有することが子どもに良い影響を与えるという研究結果も出ています。子育てを楽しみながら子どもとの時間をストレスなく過ごせると良いですよね。

家事

母親にとっては一番参加してほしいと思っている部分ですが、本当に疲れていたりできない場合は妻とよく相談しましょう。ぶっきらぼうに「疲れているからそんなこと出来ない!」と怒鳴ってはいけません。出来ない場合も代りにできることがあるかもしれませんし、妻は他の事をしてくれればよいと思っているかもしれません。

言い方は悪いのですが、妻さえ機嫌がよくなってくれれば、妻が家事を行ってくれるかもしれないのです。妻が機嫌が良くなるような方法を見つけ、家事は手を抜くのも手です。しかし、妻は本当に大変な思いをしているかもしれません。その時はぜひ妻と話し合い、寄り添った解決策を見つけましょう。

家事は手抜きができる部分でもあります。高機能の家電の購入や家事代行サービスの利用もその一つになるかもしれません。

まとめ

父親が子育てと家事を両立させることはとても大変です。父親だからと頑張りすぎず、妻ともよく話し合って上手に家事と子育てと仕事を両立させましょう!

こちらの記事もご覧ください⇒子育てが大変で子どもを産んで後悔しているお母さんへ