子育てと仕事の両立が大変!上手く乗り越えるコツとは!?

子育てと仕事を両立しているお母さんは毎日が怒涛のように過ぎ去り、息をつく暇がないほど大変です。私も子どもを保育園に預けて仕事をしている母親ですが、最初は時間が読めずいつも急いでいたり、イライラして子どもに当たってしまったり、予想以上に大変で落ち込んでいました。私が上手く両立できるようになった方法を考えてみました。

子育てと仕事の両立で大切なこと

子育てと仕事の両立を考える時、とにかく時間ががない中で効率よく動くことが浮かびませんか?仕事の上で効率はとっても大事ですが、子育てには効率と言う言葉は向きません。子どもは大人から見ると無駄に見えることばかりしますよね。効率良く動くことを考えているとイライラして大変になってしまいます。子育てと仕事を上手く両立させるためには、完璧にこなそうと考えてはいけません。適度に頑張って、そのうえで大変にならないように何が大切なのかを考えました。

夫の協力

まずは夫の協力が必要です。妻一人で子育てと家事を両立させるのは大変です。働き方にもよるのですが、仕事をしているととにかく時間がありません。夫にもやれることはやってもらいたいですよね。今は子育てや家事をする男性が増えているのですが、手伝うという姿勢でいる夫の妻はほとんどの場合不満だらけです。

夫の協力と言ってもごみ捨てをしているだけでやっているつもりになっては困るので、うまく夫を子育てや家事の参加者にしましょう。実際に保育園に子どもを送っていくと、お父さんが送る担当の家庭もあるようで、お父さんの顔をよく見かけます。しかし、お迎えとなるとなかなかお父さんの参加率が下がるようです。仕事の時間を調整し、時短勤務で働いているのはやはりまだまだ女性が多いのでしょう。当然の結果ですが、男性は思う存分仕事ができていいなとうらやましくもあります。そういう意味でも子育てと仕事の両立で、苦労が多いのはまだまだ女性の方が多いのではないでしょうか。

休みの日や、帰宅後にも家事はたくさん溜まっていて大変です。夫と分担して子育てと家事が出来れば、両立の負担は少し軽減されます。その方が大変でイライラせずにいられるので、夫が子育てと家事に参加するよう夫婦で話し合いをしましょう。

優先順位の付け方

仕事と子育てと家事でやることがたくさんあるとき、とにかく慌ててしまい大変になりがちです。上手く両立させるためには頭の中を整理し、優先順位をつけましょう。そのことは今すぐに必要な事なのかを考えます。私は子どもの事は最優先し、掃除は後回し、洗濯も後回しと家事は後回しにしています。帰宅後もとにかく子どもの事を優先し、生活リズムが大きく崩れないようにしています。

どれも完璧にこなすことは無理です。そんなスーパーウーマンはいません。自分のできる範囲で無理をしないことも両立のコツのようです。上手に子育てと家事を両立している人は優先順位の付け方も上手です。私の印象ではほとんどの方は子どもの事を最優先にしています。そうせざるを得ない母親の立場もあるのだとは思うのですが、熱を出した時や風邪を引いた時には潔く仕事を調整しています。

優先順位を決めておくと、次に何をするべきか迷うことが少なくなります。そして、子育てと仕事のバランスは人それぞれですが、明確な先輩ほど両立が長続きしている印象です。

時間を有効に使う

私は子育てと家事をうまく両立させるために、時間を有効に使いたいと考えています。朝の子どもが起きるまでの時間に何ができるか、帰宅ごご飯の準備をしながら何ができるか、少し空いた時間に何ができるかなど考えています。やることはとにかくたくさんあるので、時間を無駄にしないよう努力しています。時短のテクニックもそうですが、私が一番気をつけているのはテレビをぼーっと見ないことです。

私の場合はテレビを見てしまうとあっという間に時間が無くなり、後で大変になります。もともとテレビがなくても苦痛ではないこともあって、最近はほとんどテレビを見ていません。見なくてもインターネットや新聞で情報は十分です。時間は限られているので、出来るだけ有効に使いたいと考えています。

そう言うとずっと動いているように思われがちですが、ずっと動いているわけではありません。子どもが起きる前の静かな時間にコーヒーを飲むのは、私のささやかなひと時の時間の使い方です。そのゆっくりする時間が私にとっては心の準備をする重要な時間です。時間の使い方は人それぞれですので、ぼーっとテレビを見ることがリラックスにつながっている人もいるかと思います。とにかく、ゆっくりできる時間を持つことは時間を有効活用していると言えます。

家事は手抜きでいい!

母親がしなくてはいけない事の中で、家事は手抜きで良いと思っています。子育てと仕事は手を抜くことができませんが、家事は手を抜いても生活できます。子育てと仕事の両立のために私がどのように手抜きしているかをご紹介します。

家電を上手く利用する

最近は家電の進化がすごいですよね!家電を上手く利用すると本当に時短になります。我が家で一番活躍しているのが食洗器です。もう時間を使って食器を洗うことがほとんどなくなり、自分で洗うのは食洗器で洗えない食器と、大きなお鍋やフライパンぐらいです。食器を選ぶときにも食洗器で洗えるかを基準に選んでいるので、使う食器は毎回ほぼ同じになってしまいます。食育と言う面ではどうかとも思うのですが、そんなことは言っていられません。とにかく時間がなくて大変なのですから、食洗器を有効活用しています。本当に助けてもらっています。

次に掃除機です。数年前までコンセントを差して掃除機をかけていたのですが、地味にストレスでした。掃除機をかけるのが嫌いでした。今はコードレス型のスティック掃除機に変えたのですが、掃除機をかけるのが苦痛でなくなりました。私の中では大革命です!ちょっと汚れたと思ったら簡単にワンタッチで掃除を始められるので、コロコロよりも便利です。気分が乗っていたらそのまま隣の部屋へ、二階へとどんどん掃除できます。コンセントを引っ張り出して差すひと手間、それだけなのに本当に楽になり自分でも驚きです。

見落としがちですが、我が家では大型冷蔵庫と高機能オーブンレンジも大活躍しています。週に何回も買い物に行けないので、買いだめし、食品を冷蔵庫に詰め込んでいたり、作り置きしたおかずも鍋ごと冷蔵庫に入れるので大容量は必須です。また、冷凍したお肉を解凍したり、簡単調理するのにオーブンレンジも欠かせません。毎日助けてもらっています。

その他に便利と言われている乾燥機付き洗濯機と、お掃除ロボットですが、我が家の場合はまだ導入していません。子どもがいると洗濯物の汚れがものすごく、できるだけ洗浄力の強い洗濯機を優先しました。また、おそうじロボットは現在検討中ですが、床の上の細かなレゴやビーズやドングリ(子どもの宝物)などをきれいに片づけてからでないと掃除できないことを考えると迷ってしまっています。

ついでの掃除

私は掃除が嫌いです。掃除をしなくても、多少部屋が散らかっていても死ぬことはないので、できれば掃除をしたくありません。そんな私なので、できるだけ掃除が大変にならないよう、簡単に掃除することを心がけています。例えばトイレを使ったついでにトイレ掃除をしたり、洗面所を使ったついでにスポンジでこすったり、洗濯機にタオルを入れるついでに洗面台をタオルで拭いたり、毎日ついでに掃除しています。そうするとわざわざ掃除の時間をとるほど汚くなりません。

とにかく掃除の為に時間を取りたくないので、気が付いた時に気が付いた場所をついでに掃除しています。今日の朝も子どもが靴を履く間の待ち時間で玄関の掃除をしました。何かしていると、子どもに早くしなさいとイライラしなくて済むので、私の中では一石二鳥です。

ついで掃除をするようになって、本当に掃除に対するハードルが下がりました。わざわざ掃除をするとなると重い腰が上がりません。ついで掃除は掃除嫌いな人にはお勧めです。

料理は簡単調理で充分!

私は食は健康の一番の源だと考えていて、これだけは譲れない考えです。どんなに疲れていても、大変でもできるだけ買ってきたお惣菜や冷凍食品は使いません。もちろん時には使うのですが、食べながら添加物やどこの食材かも気になってしまうので、使った後にどうしても罪悪感が残ってしまい逆に疲れてしまします。そのため私の場合は出来るだけ自分で調理することにこだわっています。

とは言っても料理にかけられる時間も限られているので、私なりに工夫しています。いろいろ試した結果、一番役に立っているのは大量の具だくさんお味噌汁です。6Lの圧力鍋に家にある野菜をできだけたくさん入れます。お肉が余っていればお肉も入れてしまいます。定番の野菜は、大根、人参、玉ねぎ、白菜、キャベツ、小松菜、青梗菜、牛蒡、里芋、サツマイモです。それにプラス油揚げ、お肉、豆腐などのたんぱく質もあるもの全部入れ、煮物のような具だくさんのお味噌汁を大量にを作っておきます。

このお味噌汁は朝ご飯でも、夜ご飯でも簡単に食べさせることができるので大活躍です。一応お味噌汁ですが、野菜とたんぱく質も取れるので、本当に大変な日はお味噌汁と焼き魚で夕食にします。冷蔵庫に入れておけば持つので、平日はこれで乗り切れます。

食を考えると、手間や時間ではないと思うのです。品数を食べることよりも、何を食べるかが大事になってくるのではと思います。ウインナーやハムは子どもは大好きですが、それらの加工食品にはたくさんの添加物が入っています。毎朝ウインナーを焼く手間をかけるなら、薄切り肉を焼く方が、健康にとって良い気がします。手間も時間も費用もほとんど同じですが、子どもの体に入る添加物は確実に違います。

子どもの健康を願うのは親として当たり前ですが、使う食材を変えるだけで、大きく変わってきます。何を選択するかは親次第です。子どもは与えられたものしか口にできないので、食事だけは親の責任で自分にできる範囲で、手間も時間もお金もかけないでこだわっています。

限られた時間で子どもと楽しく過ごす♪

仕事をしているとどうしても子どもと過ごす時間が少なくなります。そのことで悩むお母さんも多いと聞きます。しかし、母親の仕事と子どもの成長は関係がありません。限られた時間であるからこそ子どもと楽しく過ごせる場合もあります。

専業主婦の方が子育てに対するストレスが多いという報告があり、ずっと子どもと一緒にいることは親子の幸せに結びついていないようです。実際に私も専業主婦の時は本当に子育てが辛く、大変な時期がありましたが、仕事をすることになり、子どもとも楽しく過ごせるようになりました。

日中一緒に過ごせない分、まずは家事は後回しにし、子どもとごっこ遊びや絵本を読んで楽しい時間を共有することで、子どもは健やかに成長していくと思います。子どもが大きくなるに従い、次第に親から離れ子どもは子どもの世界になっていきます。そういう場合も常に親が肯定的に子どもに接し、子どもと心の距離を保ちながら生活していくことが子育てだと思っています。

親が仕事をしていようがしていまいが、親子の関係は同じです。成長とともに変わってはいきますが、仕事は関係ありません。そのことで悩むことがあれば、それは仕事のせいにしているのであって、仕事が原因ではないと考えます。

大変で疲れた時は休みましょう

子育てと仕事の両立で大変だと思ったときは、少しゆっくりする時間が必要です。人間常にフル稼働はできませんよね。どんな人でも疲れます。私は夫と交代で、自分の自由な日を作っています。自由な日に好きなことをし、その日は子育ても家事も全くしません。夫にすべて任せて私はカフェでゆっくりお茶したり、友人と過ごしたりしています。

私にとっては丸1日自由と言うのがストレス解消のポイントです。以前は日中の数時間だけ夫に任せて出かけたりしていたのですが、帰ってからの夕食の心配や家事の事を思うとなんだか疲れが取れませんでした。丸一日何もしなくてよいと、帰ってからの心配がなく、心から一人の時間を楽しめ、リセットできます。

以前は夫が友人と出かけたり、趣味の時間で過ごす事になるとどこかでイラっとして、うらやましく思っていました。しかし今ではそういう日があると、「では私も一日どこかで自由な日をもらうね」と嬉しく思えるようになり、私が一方的にイライラすることも、夫が申し訳なさそうに私にお願いしてくることも無くなり夫婦関係も良くなりました。

子育てと仕事の両立が大変で疲れていると家族にとっても悪影響です。少し休むとまた元気が出てきます。朝寝坊するだけでも全然違います。家族に助けてもらいながら、休みながらゆっくり子育てと仕事の両立生活をしていきましょう!

まとめ

子育てと仕事の両立は大変です。働いているお母さんはみんな悩みながら、工夫しながらこなしています。ぜひ自分に合った方法を見つけ、上手に両立できるようになりたいですね。子育ても仕事も頑張りすぎず、皆さんの生活が笑顔にあふれる楽しいものになりますように。

こちらの記事もご覧ください⇒共働きでも家事や育児でストレスを溜めない方法とは