共働き夫婦が家事の分担で工夫することとは

共働きの夫婦は仕事から帰っても家事に追われてしまいますよね。我が家も共働きで、いかに家事の負担を減らすかを常に考え工夫しています。特に女性に家事の負担がのしかかる傾向にあり、女性の方がこの課題が差し迫っているように感じます。共働きでの家事分担の工夫について考えてみました。

共働き夫婦は家事の分担が不可欠!

共働きの夫婦が円満に過ごすためには夫婦ともに家事への参加が必須になってきます。妻だけが家事を担うのは限界があります。いかに夫に家事を分担してもらうかが、共働きをしていくためには重要なポイントです。皆さんは夫婦で家事を分担していますか?

共働きの妻の不満で多いのが、夫が全く家事をしないという事ですが、夫はどんな家事があるのか知っているでしょうか?よく全然動かない夫を動かすために言い争ったり、何かお願いをするたびに嫌な顔をされるくらいなら自分でやった方がいいという話を聞くのですが、それではこの先ずっと、家事は妻の仕事となってしまします。共働きであれば尚更、夫が家事を分担するよう諦めずに工夫して、夫を協力者にしていきましょう。

ごみ捨てだけで嫌な顔をする夫は、ごみ捨ては家事の中で本当に簡単なもののひとつでしかないという事を知っているのでしょうか?家の中でやらなくてはいけない仕事がどれほどたくさんあるのか、一覧表に書き出してみましょう。

家事レベルが高い夫であれば、この表を見ただけで全体量が分かり、自分から動いてくれるかもしれません。仮に動かない夫でも、家事の一覧表を見せてこんなにたくさんやることがある事実を伝え、この中で少しでも分担してくれたらうれしいし助かると冷静に夫と話し合いましょう。夫が家事に参加してくれたら、共働きには明るい未来が待っています!

家事はできれば役割を決めない

私は共働きの夫婦はできれば家事の役割担当を決めない方が良いと考えています。できるだけ時間がある方が家事をすると決めておいた方が上手く回っていきます。特に子供がいない夫婦はその方がいいと思います。

子どもがいる夫婦は子どものお迎え担当などは決めておかなければいけない事もあるのですが、基本的に家事は「その時にできる方がやる」としておいた方が無駄な争いが減ると思います。私が聞く限りでは、担当を決めてしまうと夫がその家事しかやらなかったり、夫ができなかった時にイラっとする方が多いようです。

我が家の場合も初めは家事の担当を決めていたのですが、夫が仕事上どうしても早く帰ってこられない時が多く、担当を決めても夫が出来ないことが多かったので、結局私がしなくてはいけなくなり、イライラしました。なぜ夫の担当の家事をいつも私がやらなくてはいけないのか…と思ってしまいストレスが溜まりました。

そのため、我が家はできる方ができることをしています。夫は平日帰りが遅いので、必然的に妻の私が夕食を用意し、子どもの事も私がすることが多いのですが、代わりに夜中でもできる洗濯やお風呂掃除は夫がしてくれることが多いです。特に役割を決めているわけではないので、当然夫が出来ないこともありますが、その時は洗濯しないか、私が洗濯をすることになります。

また、休日は自然の流れで、気が付いた方が掃除機をかけたり、食事の片づけをしたり、適当に過ごしていますが、特にイライラせず、お互いの動きを見ながら家事をしています。我が家ではそんな感じで役割を決めない方が上手くいっています。

ただ掃除に関しては人によって汚れが気になる基準が違うので、結局気になった方がいつも掃除をする羽目になり、不満がたまりますよね。そんな場合は役割を決めたほうが良いかもしれません。気になる方がその担当になり、代わりに他の事を担当してもらうと不公平感が減ります。

役割を決めないメリットとしては、どの家事もできるようになるので、夫婦のどちらかがいなくても家事に困ることがありません。働き方にもよりますが、共働きの場合は妻も仕事で遅くなる可能性もあります。そんな時に夫が自分の担当の家事しかできないのでは困ります。一方に何かがあった時に強いのは家事ができる人です。

時短できるよう工夫する

共働きは夫婦で家事の分担をしてもやはり時間に追われます。できれば家事に時間はかけたくないですよね。できるだけ時短できるように工夫することも大切です。

家電は強い味方

最近の家電は本当に優れています。少し金額がかかるのでしり込みしがちですが、貴重な時間には代えられません。できるだけ活用することをお勧めします。我が家も家電にとても助けてもらっています。

私が使っていて本当に便利なのは食洗器です。最近のご家庭には標準装備なのかもしれませんが、実は我が家は2年前まで食洗器がありませんでした。食洗器を使いだしてからは本当に食事の片づけが楽になりました。大げさではなく神様です!

また、掃除機にも助けられています。私は大の掃除嫌いなのですが、コードレスのスティック型掃除機に変えてからというもの、掃除が劇的に楽になりました。子どもが汚した汚い床を一瞬できれいにしてくれます!わざわざ掃除機を取り出す手間もなく、本当に掃除が楽です。

その他、野菜が長持ちする冷蔵庫や、オーブンレンジなどなど、たくさんの家電に助けられています。初期投資は多少かかるものの、必ずそれ以上の価値を提供してくれると感じています。時間のゆとりは心のゆとりに繋がります。

料理は簡単に

家族の健康を守る食事ですが、食事にも時間がかけられませんよね。だた、掃除と違って食事は作らないわけにはいきません。外食や総菜などを利用するのも手ですが、できれば健康のためにも家で作った方が安心ですよね。特に小さい子がいるご家庭は外食でも結構大変なものです。

料理に時間をかけないコツは、工程を短くすることです。我が家は焼くだけ、煮るだけ、蒸すだけのオンパレードですが、それでもおいしい料理が出来ます。また、私はしていませんが、朝のうちに野菜だけ切って置き、帰ってからの調理準備の手間を減らすのもアイディアの一つです。

子どもがいるとどうしても栄養が気になり、私は品数を作らなければと思っていたのですが、料理研究家の土井善晴さんは『一汁一菜でよいという提案』と言う著書の中で「家庭料理は一汁一菜でよい」と言われています。その言葉にとても救われたのですが、確かにあまり気負うことなく日常の食事は質素で良いかもしれません。

サービスを利用する

共働きで家事の分担を工夫するとき、どうしても忙しいと分担ができないことも出てきます。常に出張が入る仕事だったりするとやる気はあってもなかなか現実的にはうまく分担できません。仕事でできないのであれば割り切って外注するのも手です。

最近は共働き世帯も増え、ますますサービスが充実してきています。家事代行サービスや食事の宅配なども十分検討する価値があります。多少費用がかかりますが、家事にかける時間が圧倒的に短くなり他の事に時間を費やせます。最近は家事代行も贅沢なサービスではなくなりつつありますので、選択肢の一つとして考えても良いかもしれません。

まとめ

共働きの夫婦が家事の分担を工夫するとき、夫婦での協力体制が不可欠です。しかし働き方や家族の構成もそれぞれなので一概にこの方法が良いというものはないように感じます。夫婦でよく話し合い、どちらかに負担が偏らないよう工夫し、それぞれの家庭に合った方法が見つけられると良いですよね。

こちらの記事もご覧ください⇒子育てが辛い!私が旦那を変えた方法とは!?