共働きなのにワンオペ育児。離婚は得策なのか!?

今や共働きが一般的な家庭になってきましたが、仕事をしつつ家事・育児も一手に引き受けているお母さんがたくさんいます。そんなお母さんは、夫との不公平感がストレスになりませんか?こんな非協力的な夫とは離婚した方が良いと頭をよぎる事もありますよね。実際に共働きなのにワンオペ育児の家庭は夫と離婚した方が良いのか、考えてみました。

共働きでワンオペ育児のお母さんの一日

ワンオペ育児と言う言葉が広く使われるようになり、自分の置かれた状態がワンオペ育児だと自覚するお母さんも多くなっていると思います。

さらに共働きでワンオペ育児をしているお母さんは本当にハードな生活になってしまいますよね。自分の時間がなく、いかに効率よく仕事・家事・育児をこなすかが勝負になってきます。しかし、小さい子どもに効率よく動くことを求めることもできず、家事・育児はいつも予定通りには事が進みません。

共働きでワンオペ育児中のあるお母さんの一日のスケジュール

  • 5:00  起床
  • 5:10~ 洗濯機を回す
  • 5:20~ 夕食作り
  • 6:00~ 朝食作り、洗濯物を干す
  • 6:30~ 子ども起こす 朝食食べさせる
  • 7:00~ 後片付け、部屋の掃除、出勤準備
  • 8:30~ 保育園に子どもを預ける
  • 9:00~ 仕事
  • 17:30~ 子どもを保育園にお迎え
  • 18:30~ 帰宅し夕食を準備し、食べさせる
  • 19:30~ お風呂
  • 20:30~ 子どもに絵本を読み、寝かしつけ
  • 21:00~ 洗濯物をたたみ、片づける
  • 22:00~ 夫帰宅のため、夕食準備
  • 23:00~ 就寝

共働きでワンオペ育児だと、常に時間に追われていませんか?特にきつい時間は、仕事が終わって保育園にお迎えに行った後から子どもを寝かしつけるまでだと感じています。お迎えからたった3時間の間に夕食や後片づけ、お風呂など本当にバタバタで、息をつく暇もありません。

しかも、共働きだとお迎え後は子どもと関われる貴重な時間なので、できるだけ優しいお母さんでいたいと言う気持ちもあり、疲れているのですが、できるだけ頑張ってしまうお母さんが多いようです。

共働きなのに、ワンオペ育児をしている理由はいろいろだと思いますが、多くは夫が仕事を調整しないためだと思われます。そのため、一番手伝ってほしい帰宅後の時間に夫はまだ仕事をしていて帰宅できないのが現状ではないでしょうか?

どうせワンオペ育児で、夫が常にいないなら、離婚と言う言葉が頭をよぎる気持ちもわかります。やっと子どもが寝たというタイミングで夫がご機嫌で帰ってくると、本当にイライラすることもありますよね。

離婚した後の生活

実際に離婚して、母子家庭になると、どんな生活になるのか考えたことはありますか?ストレスの原因の夫がいなくて幸せだろうと考える半面、一番大きな問題が、経済的な問題なのではと思います。

やはり子どもを育てていくうえで、金銭的な問題は重要です。現在共働きだとしても、離婚して自分だけの収入できちんと生活できるのだろうかと心配なお母さんは多いのではないでしょうか。

現在3組に1組は離婚するほど、離婚が珍しいことではなくなってきています。しかし、離婚後の母子家庭の環境は厳しい現状があります。

日本のひとり親家庭の貧困率は、平成28年、厚生労働省「国民生活基礎調査」によれば、相対的貧困者はひとり親家庭では50.8%もいると言う調査結果が出ています。相対的貧困とはどういう状態かと言うと、所得の中央値244万円の半分を下回っている家庭で、つまり年収122万円以下の家庭という事です。月収で言うと10.2万円です。

ひとり親家庭と言うと、母子家庭だけではなく、もちろん父子家庭も含まれますが、貧困の多くが母子家庭なのが現状です。母子家庭でも、もちろん貧困に陥らず、収入を得ている家庭はありあすが、それは正社員で働き続けているお母さんだけです。

ひとり親家庭で貧困に陥りやすいパターンは、結婚や出産を期に専業主婦となり、離婚して慌てて仕事を探しても、年齢の問題や子どもの問題で、なかなか正社員では働きにくいことがあるようです。

相対的貧困率のポイントはここ数年若干低くなってきてはいるものの、まだ50%以上のひとり親家庭は、年収122万円以下の収入という結果で、貧困で悩んでいるのが現状です。

経済的な貧困以外にも、ひとり親家庭に降りかかる問題として、時間がなかったり(ダブルワーク、トリプルワークで忙しく、時間的な余裕がない)、周囲と繋がりにくい、環境の貧困や、一人で頑張り続けなければならず健康状態の問題などがあげられます。ひとり親だと、ストレスが多くうつ状態になってしまう人もいます。

離婚すべき夫とは

貧困と隣り合わせのひとり親家庭ですが、それでもひとり親を選んだ方が良い場合もあると思います。それは夫が妻や子どもに害になる場合です。

お金問題(ギャンブル、借金夫)

経済的な問題は、結婚すると切り離して考えることが出来ません。たとえ恋愛時代はお金がなくても愛があればいいと固く信じていたとしても、結婚した途端、現実が突き付けられます。特に、子どもができると育てていくためにはやっぱりお金がかかります。

どちらかにお金がなくても夫婦で協力して生活していければいいのだと思います。男女関係なく稼げる方が稼げばいいとも思います。しかし、使い込んでしまう夫は問題です。

一生懸命貯めた貯金を相談もなしに使い込んでしまった、また、子どものお金まで手を出した、ついにはギャンブルの為に借金までしたなどと言う夫は、正直もう病気です。ギャンブル依存症は治療しなければ治りません。

素直に精神科に受診して治療に励んでくれれば良いのですが、そうでなければ早く離婚して、人生をやり直した方がいいと思います。

DV夫

DV夫も害でしかないパートナーです。DVに悩んでいる方はその結婚歴が長ければ長いほど共依存関係になってしまい、逃れるのが難しくなってしまいます。

少しでもDVの傾向が見えたら、自分の人生の為、また子どもの人生の為にも早く離婚しましょう。DV夫はなかなか治りません。本気で治す覚悟がある夫は、カウンセリングなどに積極的に参加し、治そうと行動を伴って努力する方だけです。

DVを受けた後に急に優しくなって「ごめんね、もう二度と叩かない」と泣いて謝っていたとしても、それは嘘です。本当に暴力がいけないと思っている人は最初から妻をひどく叩いたりはしません。妻が言い返せないほど夫の事が「怖い」と感じる夫婦関係はおかしいです。

共働きでワンオペ育児、さらにDV夫なんて離婚した方がいいです。いいところが一つもありませんよね。

一人で解決できなければ、周囲の人に相談しましょう。それが難しければ相談機関に相談しましょう。今は自治体の電話相談窓口でも無料で相談に乗ってくれます。DVを目の前で見ている子どもの心は深く傷つきます。安心できるはずの家庭の中で父親が母親を殴っているという姿を見せるのも立派な虐待の一つです。子どもが健やかに成長するためにも勇気を出して逃げ出しましょう。

モラハラ夫

モラハラ夫も同じく結婚生活を続けていく上では困難を伴うパートナーです。モラハラ夫は家事や育児の協力をお願いしても、全く聞く耳を持ちません。それだけでなく、「それはお前の仕事だろ」とか、「母親なのに何楽しようとしてるんだ」など平気で言います。

そして普段から、妻に対して見下したような態度をすることが多いです。平気で何日も無視をしたり、馬鹿だの死ねだの他人が聞いていても辛くなるような言葉を大切にしなければいけない妻に浴びせます。長年モラハラを受けていると、本当に自分は無能だと思ってしまうこともあり、とても危険です。

また、DV夫のように暴力はふるいませんが、子どもにとっては有害でしかない夫です。どんなにモラハラ夫でも、「子どもにとってはいいパパだから」と子どもの為に離婚はしないと考えている方は多いようなのですが、本当の所それは妻の言い訳でしかありません。

夫婦関係がうまく作れず、協力し合えない夫は決して子どもにとって良い父親ではありません。私さえ我慢すれば、と言う考え方は家族関係を築いていく上では危険です。モラハラを身近で見て成長してきた子供はどこかで生きづらさを感じてることが多いようです。子どもが成人になっても引きずるほど心に大きな影響を与える家族関係ですので、言い訳をせず勇気をもってモラハラ夫から逃げましょう。

離婚は得策か?

上記にあげたような問題行動がある夫であれば、経済的な不安はあっても、勇気をもって逃げたほうが良いと思います。

しかし、目立って害があるわけではなく、性格的な問題や、こまごました不満から離婚が頭をよぎっているのであれば、私はすぐ離婚しない方が良いと考えています。

一昔前より離婚が一般的になり、人生の選択肢が増え、良いことだとは思うのですが、ひとり親となると経済的な問題が無視できず、母親だけの方に負担が大きくのしかかってきます。離婚後に約束したはずの養育費もほとんどのひとり親家庭がもらえていない現状があります。

現在共働きだと言っても、ワンオペ育児をしている妻は融通の利くパートタイムで働いている場合が多いです。離婚するにしてもまずは正社員で職に就き、経済的な安定を図ってからがお勧めです。

共働きで、ワンオペ育児である場合は、まずは離婚を考える前に、夫に家事・育児の参加を訴えましょう。そこで聞く耳を持ってくれるような夫であれば、充分改善の余地があります。妻の訴えに全く耳を貸さず「なぜ俺がやらなくてはいけないんだ、家事はお前の仕事だ」と言うような夫はまさにモラハラ夫です。

実際、共働きなのにワンオペ育児でも、離婚を考える場合とそうでない場合の違いは夫の態度ですよね。夫の仕事が大変で現実的に家事や育児に参加できなくても、日常的に妻に感謝の言葉があったり、妻を気遣う行動があったりしたら、大変でも頑張れてしまうのが多くの女性ではなのではないでしょうか。

共働きでワンオペ育児は離婚が浮かぶほど過酷な毎日ですが、協力的な夫であればとことん話し合い、夫にできることから1つづつ家事や子育てを任せていきましょう。ごみ捨て、トイレ掃除、お風呂掃除など、時間がかからず簡単なことは夫にお願いしていきましょう。

離婚してひとり親になると経済的に大変です。共働きでワンオペ育児だからと言う理由だけでは、夫の態度次第ですが、離婚は得策ではないと思います。

まとめ

共働きなのにワンオペ育児で離婚を考えている場合は、まずは夫に素直に大変だと言う気持ちを伝えてみましょう。そこで夫がどんな態度をとるかで、将来の夫婦関係が見えてくるように思います。

離婚はいつでもできます。本当に害のある夫であればしっかり準備して離婚をするのが良いのだと思いますが、そうでなければ、離婚せずに解決できる方法を探していきましょう。

こちらの記事もご覧ください⇒育児ストレスの解消法