新生児のワンオペ育児を乗り切る方法

現在妊娠中で、赤ちゃんを迎える準備中のお母さん。里帰りしようか、自宅で一人で頑張ろうか迷っている方も多いと思います。新生児のワンオペ育児は、母体も出産直後で思ったように動けない時期なので、特にお手伝いが必要な時期です。里帰りせず、新生児期をワンオペ育児で乗り切る方法を考えます。

新生児期の特徴

妊娠が分かった時から、赤ちゃんをどこで産もうか、里帰り出産をするかどうかなど、産後のサポート体制について考え、悩んでいるお母さんは多いと思います。産後は大変だと聞くので、漠然とした不安がありますよね。

しかし、仕事の都合や、家族の都合、実家が遠方などの理由で、里帰りを選択しない方も多いと思います。産後ワンオペ育児が予想されるけど、両親の手伝いなしに頑張ろうと考えているお母さんのために、まずは新生児期とはどんな状態なのかを見ていきましょう。

母体の状態

お産は人によって様々です。100人いたら100通りのお産があり、例え2人目でもみんなが順調にポンと産まれてくるなんてことはありません。ただどんなお産だとしても、産後は身体の変化が大きく、なるべく動かず、身体を休めることが順調な回復のためには必要なことです。

「床上げ」と言う言葉があるように、6~8週間はしっかり身体を休めた方がよいと言われています。家電製品も進化し、昔ほど家事が重労働ではありませんが、最低でも1か月はお母さんも無理をしてはいけません。場合によっては産後の状態が更年期にも影響すると言う人がいるほど、産後は休息が大切です。

産後の傷や、ホルモンバランスの崩れなど、実際に体調が思わしくない方もあり、元気だと思っていても、不慣れな赤ちゃんのお世話で腱鞘炎になってしまう事もよくあることです。体力に自信がある方でも、通常の身体ではないという覚悟が必要です。

産後は自分の身体とよく向き合って、疲れる前に休むようにしましょう。

新生児

新生児の赤ちゃんのお世話は、とにかく手がかかります。おむつ交換や、授乳が頻回にありますし、沐浴もしなくてはいけません。お母さんのおなかから出てきたばかりの新生児は、まだ朝も夜も区別が出来ていません。そのためお母さんも朝も夜も関係なく赤ちゃんとともに1日を過ごさなければいけません。

特に初めての赤ちゃんだと、親としても分からない事ばかりなので、赤ちゃんが泣き止まないと不安になったり、ミルクの飲みが悪いと不安になったり、赤ちゃんの様子がとにかく気になってしまいます。寝ているだけでも、息しているかなと気になってしまう事もあるくらいです。

また、新生児の赤ちゃんは外出をできるだけ控えるように産院から指導されます。まだ生まれて間もないので抵抗力もなく、免疫力もないため、できるだけ家で過ごします。そのため、協力者がいないとお母さんも一緒に1か月間外出でず、引きこもり生活となります。

上手くいかないことも多く、とにかく新生児期は大変の一言だと思います。

ワンオペ育児はサービスを利用しよう

産後はお母さん自身の体調管理もしなくてはいけせん。そのため、里帰りせず、新生児期からワンオペ育児になってしまうと予想される方は様々なサービスの利用を考えておく必要があります。産後は夫の協力も不可欠ですが、仕事の都合でなかなか時間的に限られた事しか期待できない場合も多いと思います。

また、産後の経過は人それぞれで、なかなか予想しにくいことなので、出産前にしっかり備えておくことも大事だと思います。決して、一人ですべて頑張ろうと背負わないようにしましょう。

使えるサービスをしっかり調べて置き、利用したいと思ったときにすぐに利用開始できるような手続きもしておくと便利です。赤ちゃんが生まれてからだと、赤ちゃんのお世話で大変になり、余裕がなくなってしまいます。出産前の時間があるうちにできるだけ準備しておきましょう。

宅配サービス

産後にまず困るのが食事の準備です。食事に関してはまず一人で準備するのは無理だと覚悟をしておきましょう。今は食事に関して色々なサービスが充実しています。

産後すぐに買い物はまず不可能なので、食材を届けてくれるサービスや、お弁当を宅配してくれるサービスなど、自分たち家族に合ったものを選び、利用することをお勧めします。

個人的には産後すぐに料理でキッチンに立つことは無理だと思います。私の経験では、産後の傷で立つことさえも辛かったうえに、赤ちゃんのお世話もあり、食事作りをするどころではありませんでした。産後すぐは、すぐに食べられる状態のものを宅配してもらうのがストレス軽減のためにも良いと思います。

また、母乳のために栄養バランスも気になりますよね。少しでも母乳に良い食事を取れるように、出産前に手作りのおかずを冷凍しておくのも手です。毎日お弁当だとバランスが気になるので、手作りのおかずを小分けにして置いて、少しプラスして食べるのが良いと思います。

家事代行サービス

費用は少しかかりますが、家事代行サービスもお勧めです。会社によっては産後応援プランなどがあり、産後のお母さんが利用しやすいよう考えられているサービスもあります。

私も一人目の出産のときに里帰りせず出産したので、家事代行をお願いしていました。掃除や洗濯をお願いすることで、その分しっかり休むことが出来ましたし、部屋が散らかってイライラすることもなく、赤ちゃんの話も聞いてもらうことができました。全く外出できず赤ちゃんのお世話だけになってしまった私の楽しみな時間でもありました。

一人で不安な方は、ぜひ利用をおすすめします。費用が掛かってしまうように思うかも知れませんが、利点を考えると、私は安いと思います。

産後の記憶は一生残ります。特に、ホルモンバランスの崩れなどから、いつもだったら何とも思わない事でも、特別に悲しい気持ちになってしまったりします。実際私も夫が○○してくれなかったとか、夫に○○と言われたとか、悲しい気持ちがなかなか忘れられませんが、サービスを利用させてくれたと言う事で、帳消しに出来たので、夫婦仲と言う点でも良かったと思っています。

ファミリーサポート

自治体のファミリーサポートは、費用が安く利用出来ます。事前に登録し、年会費を払っておけば、必要になった時にお願いすることが出来ます。

やってもらえることも幅広く、子どもの相手から買い物や掃除など、困った時に相談すると対応してくれます。私の場合は2人目の出産のときに心強い助けとなりました。

普段は必要なくても、ワンオペ育児だと、一人では困ることが出てくるかもしれません。万が一の場合に備えて登録だけでもしておくと、いざと言う時に便利です。

新生児のワンオペ育児の利点

出産を控えていると、産後ワンオペ育児になるのが不安なお母さんも多いと思います。私は上の子は里帰りせず、下の子は里帰り出産で乗り切りました。

両方経験してみて、里帰り出産をしないと「夫婦のきずなが深まる」と感じました。もし3人目が授かれば、里帰りしないで出産したいと考えています。

里帰りしないと、昼間はワンオペ育児ですが、困ったことがあれば夫婦で考え話し合うことが出来ます。夫しか頼る人がいないので必然的に会話も多くなり、お互い助け合おうと言う気持ちも沸いてきます。また夫も父親としての自覚が出てきます。

我が家も上の子と下の子の新生児期では夫の育児参加率が明らかに違い、夫の父親としての自覚が全く違っていました。里帰りした時には夫は週末にしか子どもと会うことが出来ず、子どもと過ごす時間が圧倒的に違うので当たり前だと思うのですが、オムツすら変えませんでした。妻としてはやはり育児に積極的な夫の方が断然いいですよね。

夫が仕事で忙しく、ワンオペ育児だと大変なこともありますが、小さくて本当にかわいい新生児期はあっという間に過ぎてしまいます。新生児期を夫婦で乗り越えると、夫婦で悪戦苦闘した思い出もでき、夫婦のきずなが強くなります。

里帰りできないことを決して悲観せず、ワンオペ育児でもできるだけ夫婦で悩みを共有できるよう話し合いながら育児が出来ると理想的です。

まとめ

里帰り出産せず、新生児期からワンオペ育児になると不安に思っているお母さんでも、サービスを利用しながら無理せず乗り越える方法はいくらでもあります。産後は無理せず、色々なサービスを使いながらかわいい新生児の赤ちゃんと楽しく幸せな時間を過ごせるとその時間は一生の宝物になります。

ワンオペ育児でも無理せず、夫婦で話し合ってかけがえのない時間が過ごせますように☆

こちらの記事もご覧ください⇒赤ちゃんとの外出はいつからできる?