ワンオペ育児でお風呂が大変!乗り越える方法とは?

ワンオペ育児をしているお母さんが辛いと思う事にお風呂があります。一人で子どものお風呂を入れるのって本当に大変ですよね。ちょっとしたお手伝いがあればずいぶん楽になるのに・・・と私もあまりの大変さに何度も泣きそうなりました。ワンオペ育児で子どものお風呂の入れ方に悩んでいるお母さんの参考になれば幸いです。

ワンオペ育児でのお風呂は準備が大切

ワンオペ育児だと、何もかも一人でやらなければいけません。そのためお風呂に入る前には一人でスムーズにできるようにしっかりとした準備が必須です。何か一つでも忘れると、裸で走り回ることになってしまい、ぐったり疲れてしまうので注意しましょう。

赤ちゃんが沐浴の場合は、沐浴で必要なセットを必ずチェックしておきましょう。沐浴中は赤ちゃんから全く手を離せないので、まずは近くに必ずバスタオルを用意しておきましょう。その他、沐浴後に肌に塗るクリーム、おむつや服、必要な物を近くにセットして、慌てて取りにいかなくてもよいようにしておきましょう。

何か忘れた時に「ちょっと取って」の一言が言えない事が一番つらいです。ワンオペ育児の場合は一人でこなさなければならないので、この準備がしっかしできているだけで、慌てることなくスムーズに沐浴ができ、赤ちゃんとのんびりした時間を過ごすことができます。

家族構成別お風呂の入れ方

ワンオペ育児でお風呂が大変なのは共通してどの家庭も同じだと思うのですが、子どもの人数によってもお母さんの悩みは違ってきます。また、子ども年齢によっても大変さや悩みが違ってきます。そのため一概にワンオペ育児のお風呂はこうしたら楽と言うような方法はありません。

子どもの人数や年齢によってお風呂の入り方にどんな工夫をすればよいか考えてみました。

子どもが一人の場合

子どもが一人の場合は、完全にその子を優先してあげることができます。そのため、ワンオペ育児でも比較的辛くなるほど悩むことは少ないかもしれません。しかし、初めての子どもは初めての事ばかりで、新米お母さんとしての戸惑いはありますよね。

子どもが一人の場合、私のお勧めの入浴方法は子どもがタッチできるようになるまでは沐浴で済ませ、お母さんと別々で入浴する方法です。まだ生後数か月ですとお湯もぬるめの方がよく、お母さんが気持ち良い温度ではありませんし、無理して赤ちゃんと一緒に入る必要性は感じません。

実際私は一人目の育児の時は2歳近くまで沐浴で済ませていました。家のお風呂の形態など、ハード面での事情があっての事でしたが、この方法は楽でした。ワンオペ育児で、夫の手伝いは全く期待できなかったので、子どもを夕方に沐浴させ、子どもが寝てからゆっくり自分がシャワーを浴びていました。

お座りができるようになれば、ベビーバスでもお湯をためれば子どもサイズの小さいお風呂になりますし、その方が子どもから目を離すこともないので安全だと感じました。子どもと一緒に入ってわたわた慌ててしまうことが多いお母さんは、試しに別々に入ることをお勧めします。特に寒い冬はどちらも寒い中待たずに済むのでお勧めです。

子どもが2人の場合

子どもが二人の場合は子どもの年齢によって入り方が違ってきますよね。まずは下の子どもが年少さんぐらいの年齢になれば、子どもたちだけでお風呂に入ってもらうことも可能ですよね。多少体がきれいに洗えていなくても、よしとしましょう。お湯だけでも80%の汚れは取れているそうなので、神経質にからだの隅々まで親が洗ってあげる必要はありません。

体が100%きれいにならなくても、子どもにとっては、一人で体を洗ってお風呂に入ることは自立の一歩になります。お母さんは後ろからそっと見守る姿勢でいましょう。

子どもだけでお風呂に入ってくれれば、本当に楽になりますよね。子どもたちだけでは難しくても、お母さんが一緒に入って少し洗うのを手伝えば、あとはお母さんだけ先に出ても良いですよね。

子どもが自分で洗身、衣服の着脱ができる5,6歳の年齢になったら、お風呂は格段に楽になります!

下の子が産まれてすぐの場合

下の子が産まれてすぐからお座りができるようになるまでの間が、一番ワンオペ育児中のお母さんが大変な時期だと思います。上の子が5,6歳になっていれば、自分の事もある程度できるし、お手伝いもしてくれるのですが、上の子が2,3歳だとお世話が2人分で本当に大変です。

私が一番つらかったのは、下の子が沐浴時代です。夕方に下の子が寝ているタイミングでそぉ~っと上の子と一緒にお風呂に入るのですが、途中で目が覚めてしまうと私が近くにいないことが分かるのか、下の子がものすごい勢いで泣いていることがしょっちゅうでした。尋常じゃないほど体中から汗が噴き出していて、顔を真っ赤にして泣いている姿を見た時には、いつも胸が苦しくなりました。

ワンオペ育児で夫の協力が得られず、一人で何もかもやるのは本当に辛かったです。もし誰かが見ていてくれたら、下の子に声を掛けてくれたら、きっとあんなに汗をかいて泣き叫ぶこともなかったのだと思います。私のワンオペ育児の辛さはこの瞬間がピークでした。

日本は季節も関係しますし、夏なら脱衣所に下の子を寝かせておいて、泣いたらすぐに声がかけられるようにしておいても良かったのですが、季節は真冬で、脱衣所もとても寒かったので、いくら温かくしたとしても、下の子を脱衣所に置いておくことにためらいがありました。

そのため、下の子が泣かないように色々な工夫をしてみました。しかし、ほとんどが気休め程度で、あまりはっきりした効果はなく、やはりお母さんの抱っこが一番だと分かりました。上の子も赤ちゃん返りがひどかったので、下の子が泣いているから早くお風呂を出ようと言ってもぐずって言う事を聞いてくれないことが多く、対応が難しかったです。

今、2人目が産まれてすぐのお母さんは、今が一番大変な時だと覚悟しておくだけで気持ちの面では違うような気がします。3人で一緒に入れるようになれば、少しは楽になります。

赤ちゃんの泣き声は聞きたくないのですが、お風呂の時は泣いていても仕方がないと、割り切れるなら割り切ってしまった方が気持ちが楽になるかもしれません。また、泣かせないような工夫としては、音楽をかける、テレビを付けておく、メリーを回しておくなど、赤ちゃんに合わせての対応が出来れば良いのですが、やっぱりお母さん以上のものはなく、ワンオペ育児で全く泣かせないのはなかなか難しいと感じます。

子どもが3人以上の場合

子どもが3人以上いるときは、一番上の子を頼りましょう。3人年子でない限り、上の子は4歳以上になっていますよね。上の子はお母さんのお手伝いを十分できる年齢です。お母さんが助けてもらったときに嬉しそうに「ありがとう、助かったよ」と伝えれば、上の子も喜んで手伝ってくれるようになります。

お母さんもベテランですし、3人以上子どもがいるお母さんに聞くと、準備さえしっかりしておけば、お風呂はそれほど大変ではないようです。子ども同士で遊びながら入ってくれるのも兄弟が多い特権かもしれません。

無理をせず便利グッズは活用する

ワンオペ育児で大変なお風呂を乗り切るためには、便利グッズはどんどん取り入れていきたいものです。値段を見て、躊躇してしまうこともあると思うのですが、それよりも少しでも楽にお風呂が済む方が大切です。お風呂は毎日の事です。ワンオペ育児中のお母さんの負担が少しでも減るように、便利グッズは積極的に取り入れていきましょう。

例えば、お風呂に入っているときに赤ちゃんを浴室で寝かしたまま洗えるバスチェアやお風呂場で使える赤ちゃんでも座れる椅子はワンオペ育児のお風呂では大活躍します。我が家の場合は便利グッズがなければどうやってお風呂に入れればよいか分からないほど重宝しました。生後2か月ぐらいから使えるものもあります。

ワンオペ育児で産まれて数か月の赤ちゃんと一緒にお風呂に入らなければならないお母さんは、ぜひ先輩のお母さんたちに情報を聞き、便利だったものは早めに取り入れるとお風呂がよりスムーズになりますよ!

まとめ

ワンオペ育児のお風呂はとにかく大変です。一人で何もかもやらなくてはいけないので、準備をしっかりしたうえで、慌てずにゆっくり入れるように工夫してみましょう。ワンオペ育児で大変なお母さんが私のように苦しまず少しでも楽になりますように☆

こちらの記事もご覧ください⇒共働きなのにワンオペ育児。離婚は得策なのか!?